第9回 日本脳神経外科漢方医学会

平成12年1月11日


一般演題
  1. グリオーマに対する補剤(補中益気湯または十全大補湯)の長期使用例
    長野松代総合病院 脳神経外科  中村 裕一
  2. 脳神経外科領域におけるMRSA肺炎に対する補中益気湯の効果
    搏慈会記念総合病院 脳神経外科  草g博昭
  3. 脳神経外科外科領域における芍薬甘草湯の効果について:吃逆・筋攣縮
    日本大学 脳神経外科  前島貞弘
  4. 慢性頭痛に対する漢方治療〜随伴症状の推移について
    東十条病院 脳神経外科  前田 浩次
  5. 頭痛に使用される漢方製剤の活性酸素消去能の測定
    昭和大学 脳神経外科  土肥 譲二
  6. 脳血管性痴呆症の症状改善に釣藤散(TJ-47)が有効であった1例
    相模原協同病院 脳神経外科  須磨 健

特別講演

座長  昭和大学藤が丘病院脳神経外科
藤本 司

「脳神経外科医における漢方診療の考え方」

                    大野 修嗣  

 

   日本脳神経外科漢方医学会  


第10回 日本脳神経外科漢方医学会

 
  
会期:平成13年11月24日(土)13:00
会長
:高橋 弘   
   日本医科大学 脳神経外科 教授

       シンポジュウム

           セッション 1.  脳腫瘍
           セッション 2.  感染症
           セッション 3.  機能的疾患
           セッション 4.  脳血管障害
    教育講演

  酒谷 薫   北京中日友好病院  脳神経外科 教授
     「カオス理論からみた中国伝統医学の基礎理論」

    特別講演

  史 載祥    北京中日友好病院  中医 内科 教授
     「中国伝統医学による脳神経疾患の診断と治療」