食生活

一般に、高齢になると、さっぱりした食べ物を好むようになる。しかし、肉や油を使った料理を避けていると、体に必要な栄養が不足し、体力が落ちてしまう。
お年寄りにとっては、エネルギーの取り過ぎよりも栄養不足の方が問題である。だんだん食が細くなり食べる量も少なくなってくるが、少ない食事量の中でもできるだけ栄養価の高いものを優先的にとるようにしたい。
(特に、肉・魚・卵・乳製品などの動物性タンパク質、豆類などの植物性タンパク質)   
                     


  *気をつけたい事
  1. 一回に少ししか食べられないという場合は、4〜5回に分けて食べてもよい。
  2. 水分を多くとることも重要なことである。
  3. 食べ物の消化を助け、喉につかえることも防ぎ、また、便秘を防ぐためにも、水分の補給は大切。
  4. 食欲を増進させ、体内の余分なナトリュウムを排泄させるためにも適度な運動をする。
  5. 体調を悪い食欲のないときなどは、栄養補助食品などを活用してみる。 

  老化防止を目指した食生活指針 :(東京都老人総合研究所)
  1. 3食のバランスをよくとり、欠食は絶対避ける
  2. 油脂類の摂取が不十分にならないように注意する。
  3. 動物性蛋白質を充分に摂取する
  4. 魚と肉の摂取は1対1程度の割合にする。
  5. 肉は様々な種類を摂取し偏らないようにする
  6. 牛乳は毎日200ミリリットル以上飲むようにする
  7. 野菜は緑黄色野菜、根野菜など豊富な種類を毎日食べる。火を通して摂取量を確保する。
  8. 食欲がないときはおかずを先に食べ、ご飯を残す
  9. 食材の調理法や保存法を習熟する
  10. 酢,香辛料、香り野菜を十分に取り入れる
  11. 味見してから調味料を使う
  12. 和風、中華、洋風とさまざまな料理を取り入れる
  13. 会食の機会を豊富につくる
  14. かむ力をいじするため、義歯は定期的に点検を受ける。
  15. 健康情報を積極的に取り入れる。

   抗酸化作用のある食べ物  (毎日新聞10.5.27)

だれもが、体内にガン細胞をもち、ガンをつくりだす要因の活性酸素にさらされているので、活性酸素を押さえ込む抗酸化作用ををもつ食べ物をとるようにしたい。

抗酸化物の食品

抗酸化物

お茶 カテキン
ココア ポリフェノール
ゴマ セサミノール
アーモンド ビタミンE
イチョー ギンコライド
ウコン クルクミン
ショウガ ショウガオール
みそ、しょうゆ イソフラボン
オリーブ油 ビタミンE
赤ワイン ポリフェノール
キンメダイ アスタキサンチン
じゃがいも ビタミンC
タマネギ ケルセチン