ミネラル(Mineral)

ミネラルとは
Mineralは、鉱物という意味だが、日本語では、無機質の総称で使われている。ミネラルは鉱物として存在する単一の成分なので、すべて元素記号で表す。人間の体内に存在する元素のうち、炭素、水素、酸素、窒素を除いたものをミネラルといい、そのなかで生体に欠かす事のできないミネラルを必須ミネラルといわれる。
必須ミネラルは
カルシウム、リン、マグネシウム、ナトリュウム、カリウム、塩素、鉄、亜鉛、銅、亜鉛、マンガン、コバルト、モリブテン、セレン、ヨウ素、クロム


ミネラルは
酵素とむすびついて代謝を手助けをしている。ミネラルがなければ、酵素は本来の働きを行う事ができず代謝は止まってしまう。このような働きは、ビタミンとにているが、ミネラルの場合は相互にバランスをとりながら代謝を助けているというところが大きな違い。
例えば、カルシウムマグネシウムナトリウムカリウムのように、体内において、一定のバランスをとりながら働いている。
ミネラルは体内で合成することができず、食物から摂るしかないので、摂取量が不足するとすぐに欠乏症が起き色々な病気の原因となる。不足しても過剰になっても健康に影響するので気をつけたい。


ミネラル

機   能

多い食べ物

カルシウム 神経の情報伝達、血液凝固、心筋の収縮、
精神安定などにも関与。
いわし、わかさぎ
チーズ、牛乳
マグネシュウム 骨や歯などを形成、カルシュウムとともに筋肉の収縮、神経の情報伝達、酵素活性化に関与。   納豆、ほうれんそう
ほたて、かき
赤血球のヘモグロビン、筋肉中のミオグロビンの成分。酸素を細胞に運搬したり、とりこんだり、活性化させる。 レバー、ひじき
あさり、わかさぎ
カリウム ナトリユウムとともに、細胞の浸透圧を維持。細胞内外の物質交換、酸・アルカリ度、水分を調節。心筋リズムを正常化。  ひじき、わかめ、
納豆ほうれんそう
ナトリュウム カリュウムとともに細胞の浸透圧を維持。細胞内外の物質交換、水分調節、神経の刺激伝達に関与。とりすぎは、高血圧の原因に。 食塩
亜鉛 タンパク質や遺伝子の合成に関与し、細胞の新生を促進。200種類以上の酵素の成分になる。 かき、ごま、レバー
アーモンド、チーズ
リン 骨や歯、細胞膜や遺伝物質の構成成分となり、細胞の成長や神経、筋肉の機能を正常に保持 。  チーズ、しらす干し
赤血球のヘモグロビン合成の際に鉄を利用されやすい形する。骨、血管壁の強化、メラニン色素の生成などにも作用。 レバー、かき、
納豆、
アーモンド
マンガン 糖質、脂質、蛋白質の代謝にかかわる酵素作用をサポート。 茶葉、大麦、玄米
セレン 坑酸化作用がある酵素の必須成分。 わかさぎ、いわし
かれい、ねぎ
ヨウ素 代謝を促す甲状腺ホルモンの構成成分。成長期には、発育促進に関与。 海藻類、魚介類
クロム 糖質代謝、中性脂肪やコレステロール値の正常化などに関与。 野菜、穀類、肉、魚
モリブデン 酵素の働きを助け、糖質、脂質の代謝を促進。鉄の利用を高める。 乳製品、豆類
コバルト ビタミンB12の構成成分。ヘモグロビンの合成を助ける。 レバー、肉、魚介類

 


    ビタミン・ミネラルの栄養機能表示及び注意喚起表示について(2001/4施行)

ミネラル

機  能

 
カルシウム カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。 本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。1日の摂取目安量を守ってください。
鉄は赤血球を作るのに必要な栄養素です。