→一覧

ウ  メ  茶


■製品名
ウメ茶
■原料名及び含量
 
ウメ濃縮液(固形紛10%)16%(台湾産)
クエン酸、キャラメル、
精白糖
■重量
 280g(14g×20包)
■飲料方法
冷・お湯1杯(約80ml)に本製品1包(14g)をいれて、よくかき混ぜて召上りください。

(株)高麗人参製品公社


ウメとは
万葉集も登場しているので、それ以前に日本に渡来したと考えられる。
花の観賞や果実を食用にするために、日本で広く栽培されてきた。
未熟な青い果実を燻製にしたものを烏梅(うばい)と呼び、ウメの名は、これの漢音読みから由来すると言われる。
烏梅(うばい)とは
整腸、解熱、駆虫などの目的で使われる。
民間薬として
風邪の初期に梅干をアルミホイルなどで包み黒焼きにしたものを湯のみ1〜2個入れ、熱湯を注ぎ良くかき混ぜてから飲む。
そうすると、汗を出し、熱を下げ、咳を止めるのに役立つ。