こどもの糖尿病

糖尿病とは


糖尿病とは
血液中の糖分(血糖)が体の組織でうまく利用されないために、血糖が多くなり様々な障害を引き起こす病気。病状が進み血糖が一定量以上に多くなると、尿に糖分が漏れるようになる。人は、生きていくために、食べ物から様々な栄養を摂取しているが、その一つに、糖質(ご飯、パン、イモ類)がある。糖質は、消化管で分解、吸収され、“
ブドウ糖”として血液中を運ばれる。

ブドウ糖は
筋肉などの組織に取り込まれ、エネルギー源として利用される。この時、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンが必要になる。インスリンが不足したり、働きが悪いと、ブドウ糖は、細胞の中に入り込めない。そして、血液中のブドウ糖が余って、血糖が高くなる。つまり、血液中にはブドウ糖が余っているにもかかわらず細胞のなかではエネルギーとなるブドウ糖が不足している。このような状態を糖尿病といわれている。


糖尿病には
二種類(1型糖尿病、2型糖尿病)あり、一般的に大人の糖尿病は、体質に加え、食べ過ぎや運動不足など、生活習慣が原因で起る事が多く、代表的な生活習慣病の一つである2型糖尿病が多い。

  • 1型糖尿病
    インスリンを分泌しているすい臓のB細胞が破壊されることで起る。
    インスリンが全く分泌されなくなるのでインスリンの
    絶対的な不足が起る。
  • 2型糖尿病
    インスリンは正常以上に分泌されていることも多いが、体が肥満などのために、インスリンに対して反応しにくい状態でインスリンの相対的な不足が生じている。中高年に多い生活習慣病としての糖尿病は、ほとんどこのタイプである。

1型糖尿病


糖尿病は
大人の病気と考えられがちだが、子供にも起る。最近は、肥満などが原因で、大人と同じタイプの糖尿病にかかる子供もいるが、インスリンを作る力が極度に低下する1型糖尿病は、むしろ子供に多く発病する。

  • 原因は
    まだ完全に解明されてないが、一つには糖尿病にかかりやすい“体質”があるようだ。又“かぜ”や“おたふくかぜ”のあとに発症することもあり、ウイルス感染との関係も指摘される。さらに1型糖尿病の発症間もない患者さんの血液の中にB細胞やその成分に対する“抗体”が見られることから、“自己免疫反応”が関係しているとも考えられている。

    自己免疫反応とは
    体外から侵入した異物を攻撃、排除する免疫の仕組みが、自分の組織を誤って異物と見なし抗体を作り攻撃してしまう反応のこと。

  • 症状は
    基本的には、2型糖尿病と症状は、変わらないが、インスリンが突然、全く出なくなることがあるので症状は、2型糖尿病より重いことが多いといえる。
  1. 尿の量や排尿回数の増加
    血糖値が高くなると、多過ぎる血糖は尿と一緒に体外に排出されるため、尿量が多くなる。夜中に何度もトイレに行ったり、おねしょが始まることもよくあることである。
  2. のどの渇き、多飲
    尿として、多量の水分が体外に出ていくので、体内の水分が不足する。
    そのため、のどが渇き、よく水分をとるようになる。
  3. 空腹感
    尿糖として、エネルギーが排出されてしまい、またインスリンの作用不足で、細胞にブドウ糖が入り込めないのでエネルギー不足が起る。そのため、空腹感が強く、食欲が増すことがある。
  4. 体重の減少
    少しくらい食べても、体重は減っていく。
  5. 疲れやすい
    “だるい”“疲れやすい”などの症状を訴える。
  6. うとうとする、昏睡
    細胞内でエネルギー不足の状態が続くと、エネルギーの代謝バランスが崩れ、
    血液が酸性に傾き脳などの働きが低下してしまい、“うとうとしたり、意識を失って昏睡状態”になることがある。
  • 治療
    1型糖尿病は、インスリンの分泌がなく、絶対的な不足が起きているので、体外から、インスリンを補うことが、必要。“食事療法”で年齢相応の適正なエネルギー量をバランスよく、規則正しく摂るようにすることと、“運動療法”で適度な運動をすることが、必要。
  • 低血糖に注意!
    インスリン療法を行っている時は、特に“低血糖”に注意しなければいけない。
    「インスリンの量が多過ぎた、食事の量が少な過ぎた、予想以上に激しい運動をした。」こんな時に、血糖値が下がり過ぎて低血糖が起る場合がある。低血糖では、まず、“元気がなくなる、空腹感、手が震える”等の症状が起り、さらに血糖が下がると“意識がかすむ、意識を失う、けいれんを起こす。”こともある。

    低血糖を防ぐためには
    体育の時間の前に、あらかじめ牛乳を飲んで、エネルギーを補給したり行動にあわせてなにか対策をとらなければならない。また、低血糖が起きた場合は、砂糖水、果物ジュースなどを飲ませたり、飴玉をなめさせたりしなければならない。

1型糖尿病の頻度 

1型糖尿病の頻度 :人口10万人に対する人数

フィンランド 28.6人
 アメリカ  14.6人
オランダ  10.9人
イスラエル  4.3人
日 本   0.8 人

運動療法

運動することによって
糖がエネルギーとして代謝され、そして、細胞に必要なインスリンの量が減り血糖を下げることになる。
高血糖の症状が強い時や合併症が進行した時は、運動が制限されるが、それ以外は、積極的に運動をしたほうがいい。激しい運動や、長い運動の時は、低血糖になることがあるので、運動前に、捕食したり、医師と相談してインスリンを減らしたりすること。そして、どれくらい運動すると、どれくらい血糖が下がるかは、個人差があるので自分で知っておく必要がある。

<コントロールと合併症>

3大合併症

  1. 網膜症
     目の血管は細いので高血糖が続くともろくなり、出血したりする。
     ひどくなると失明することもある。
  2. 腎症
    腎臓の血管も細いので、血管がもろくなると、働きが鈍くなる。
    尿にタンパクが出たり、むくみ、血圧が高くなったりする。
  3. 神経障害
    末梢神経が鈍くなる。
    足がしびれたり、感覚がなくなったり、壊疽(組織が腐る)することもある。

コントロールの指標

  1. 自己血糖測定
    :食前140mg/dl以下 食後200mg/dl以下
  2. HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)
    :8%以下
  3. フルクトサミン
    :400nmol/dl以下

参考資料:平成12年東京つぼみの会 ;サマーキャンプU期(8月2日〜9日)教科書


[漢方薬]

糖尿病は
ある程度、進行している時は医師と相談しながら治療するべきである。
漢方療法で糖尿病を根治できるとは言い切れないが、初期の糖尿病であれば
実証の人には
白虎加人参湯、大柴胡湯
虚証の人には
八味地黄丸、清心蓮子飲、柴胡桂枝乾姜湯
肥満が原因の糖尿病の人は
食事療法、運動療法をしながら、防風通聖散、大柴胡湯
腎系統が衰えている糖尿病の人は
牛車腎気丸、柴苓湯などが用いられている。

子供の場合は
直接的に治療しようとせずに、体質改善を基本に、補剤系統の漢方薬を中心に服用するといいのではないだろうか。
例えば、人参養栄湯、補中益気湯、小建中湯、柴胡桂枝湯など。

 

処方名

症   状

 白虎加人参湯(実) のどが渇く、汗をかきやすい、尿量が多い
 大柴胡湯  (実) 肩がこる、便秘、肋骨の下がつかえる。
 八味地黄丸 (虚) のどが渇く、疲労感、夜のトイレの回数が多い。
 清心蓮子飲 (虚) 下半身の脱力感、体力低下、冷え、排尿障害
柴胡桂枝乾姜湯(虚) 軽いみずおちのつかえ、首から上に汗、体力低下
 防風通聖散  脂肪太り、太鼓腹





「小児の糖尿病」に関して詳しく扱っているホームページを紹介します。
 
  小児の糖尿病(1)
  小児の糖尿病(2)
  糖尿病ネットワーク
  children with DIA