食物アレルギー


食物アレルギーとは

食物の摂取により引き起こされる異常な免疫反応が食物アレルギー。
即時型反応により反応するものから数時間あるいは1〜2日してから症状の出る遅延、遅発反応によるものまである。その症状は多彩で、頭の先から足の先まで症状が出る。

*原因食物(食物アレルゲンとなりやすい食品)

子供と大人では、アレルギーを起こしやすい食べ物が異なる。
子供の場合、もっともアレルギーを起こしやすいものは、卵、牛乳、大豆である。
この三つは、子供にとっての“3大抗原”とも言われている。

大人の場合は、エビ、カがもっとも多いとされている。
なぜ、子供と大人で、異なるのかというと、子供の腸管の発育が不十分なために、腸管壁を通じて多くの抗原物質が血液中に侵入してしまうためである。人間の消火器粘膜には抗原の侵入を阻止する免疫機能が備わっているが、子供には、この免疫機能が未発達なためにアレルギーを起こしてしまう。だから子供も成長に伴い、体が発達してかなり高い確率でアレルギーを起こさなくなると言われている。(“outgrow”といわれる)

*食習慣によるちがいで、日本では、そばによるアレルギー、欧米では、ピーナッツによるアレルギーがある。


*症状

  1. 皮膚:蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー
  2. 消化器:下痢、腹痛、便秘、嘔吐
  3. 呼吸器:咳、喘鳴、呼吸困難、鼻閉、鼻汁
  4. 血圧低下、頻尿、結膜充血
  5. アナフィラキーショック(即時型アレルギー反応による複数の症状から同時に出現し、ショック症状を起こした場合)

アナフィラキーショックなどのように、重症なアレルギー反応を起こす食物については、完全な除去が必要であるが、それ以外は、必ずしも完全にするのではなく、症状に応じて、正確な診断のもとで、十分な栄養管理を受けながら食物制限を行う。そしてアレルギー体質の改善に力をいれる。