アレルギー性鼻炎・花粉症


花粉症とは
特定の抗原(花粉、他)を吸い込むことによって鼻の粘膜にアレルギー 反応が起こり、鼻水、鼻づまりなどの症状がでる生体反応。
  1. 急性期には多量の鼻汁、頭痛、発熱が生じる。
    (麻黄の入った漢方処方を服用すると良い)
  2. 慢性期には、濃い鼻汁や痰が出たり、鼻づまりがしたりする。
    (免疫能を高める補剤と一緒に辛夷清肺湯、ケイガイ連翹湯を服用)

[漢方薬]

漢方では、「水毒」とみなすので、「水」の偏在を調整する「駆水剤」を多く用いる。
タイプ 処方名 症状
実証 葛根湯加センキュウ辛夷湯 鼻汁、鼻づまり、肩こり、頭痛
葛根湯 肩こり、悪寒、発熱
中間証 小青竜湯 水っぽい、鼻汁、せき、むくみ
辛夷清肺湯 鼻閉、鼻の中乾燥、鼻づまり
ケイガイ芥連翹湯 ちくのう、手のひらが湿る