アレルギーのメカニズム(起こり方)


アレルギーのメカニズは

体内に侵入する異物に対して起る「抗原抗体反応」が必要以上に過敏に起るとき、アレルギー反応が起る。
そのメカニズムは、1.花粉やダニ・ホコリといったそれほど体に有害ではない物質が、体内に入る。そうすると、2.体が反応して抗体(IgE)を作る。そして、3.
再度、体内にその物質が入ると、ヒスタミン、セロトニンといった科学物質が放出される。そして、4.ヒスタミン、セロトニンといった科学物質がクシャミや鼻水、蕁麻疹といったアレルギー症状を発現させる。

「抗原抗体反応」とは
外から侵入した異物(抗原)と、それに対応するために体が作り出す物質(抗体
との免役反応を「抗原抗体反応」という。抗原抗体反応が必要以上に過敏に起こると、アレルギー反応を生じ、アレルギー症状を発現する。又、アレルギーの誘発原因として、過度な「ストレス」が大きく影響することが多いので、まず、そのストレスを改善することを考えてもらいたい。

アレルギーのメカニズム

抗原(アレルゲン)  

抗体(IgE)

肥満細胞 

抗原

化学伝達物質 

アレルギー症状 

体内に抗原(花粉・ほこり)が侵入。
IgE抗体が作られる。
肥満細胞にIgE抗体が付着する。
再度、体内に抗原が侵入。(肥満細胞に付着したIgE抗体と抗原が結合)
化学伝達物質(ヒスタミン、セロトニン)を放出。
アレルギー症状(アトピー・花粉症・気管支炎)を発現。